【NEXTDIMENTION】勉強会VOL.43-49ノート

【NEXTDIMENTION】勉強会VOL.43-49

5月5日 ND勉強会(Next Dimension=ND)

参加者(10名)古賀、南山、都築、住吉、鈴木、松平、井上、佐々木、藤井、勝田
ファシリテーター 井上

今回はVol.43 のお米の神話から、Vol.49の時空を超えた整理整頓のお話で、音声がたくさんありましたね。
お米の話、ドラッカーの話、親子関係は3本ありました。それぞれ印象に残っている音声について聞いていきたいと思います。
誰から聞こうかな…。では、古賀さんから!

井上

古賀

わたしは親子関係の音声が一番面白かったのと、わたし自身が母親との問題が未だにあって、小田さんの音声を聞いて、わたしだけじゃないんだと気が楽になりました。

母との関係は10年、20年と引きずっているので、小田さんのように、過去からの出来事が点が線につながっていけば良いのだけど、まだそこまで至っていない。そんな風になれたら良いなと思いながら話を聞いていました。

小田さんとお母さんの関係でどんなところが良いと思いましたか?

井上

古賀

お母さんがいつもやらかしてしまうのに、小田さんが「もう~!」とか言いながら良い方に展開していく、前向きな姿勢がすごいと思った。同じ事象でも捉え方が違うのか、全て自分にプラスになるように捉えていっているんだなと感じた。最終的にその経験が仕事にも役立っていて、大変なお母さんを持って一見マイナスに見えるけれど、それをプラスにするもマイナスのままにするも受け取り手次第だと思いました。
他の方で親子関係の音声でシェアできる方がいたら…。南山さんいかがですか?音声は聞かれましたか?

井上

南山

今ちょっとそこまでは出来ていないけど、うちの母親は調理を知らない人だった。少しタイプは違うんだけど…。例えばサンマありますよね?グリルに入りきらなかったから、しっぽを目に刺してすっごい強火で焼く。

結果…。真っ黒こげのサンマが毎回出てくる。食堂などでサンマの塩焼きを見ると綺麗で、これはサンマじゃないと思う。結婚してサンマが出てきても綺麗で…。焼けてないと思った。焦げがない。そんなことを考えると、男の子は特に母親が大好き。存在が大きい。いくら強気なことを言ったって、母親のおなかの中から生まれてくるし、母親が大好き。

サンマの話はビックリです。大変だったんじゃないかと思いましたが…。

井上

南山

親父もそれを食べていたからそういうものだと思っていた。焦げたものがサンマだと思っていた。
他の音声もあったのでそのこともお聞きしたいと思います。都築さんいかがでしたか?印象に残ったことや実践されていることがあれば。天孫降臨の話とかいかがでした?

井上

都築

毎回毎回思うところがある。音声を実は追いきれていないんだけど…メルマガを読み込んで結びついてきたことになります。ここには出てこないけど、お米を食べない人が増えているのは問題。日本人は結局お米で育っているし、そもそもなんで和食が日本人に合うか?というと、日本人の腸の長さで欧米式の食事をすると消化不良を起こしてカラダを壊す。

現代人のカラダの不調のひとつの要因でもある。かなり初期の音声になるけれど、自分の生まれた場所の食べ物【身土不二】ありき。今自分たちの前にあるもの、昔から自然に食べているものをベースにして食べるのが大切。

作ってくれた方、運んでくれた方、育ててくれた方、神様すべてに一体感を感じる脳の回路がエネルギーになる。じゃ、作った人の顏はみえるのか?という話で、それはなかなか思い浮かべられない。【身土不二】が合理的。わたしの場合は特定の農家さんからお米を買っている。食べ物に関しても、地元の食材、生産者が見えるものを優先して選んでいる。

以前お話したスーパーはどういう方がどういう想いで育てたか?まで分かる。それを理解しながら食べるから一体感が出る。その食材は、メチャクチャエネルギーが高い。今いる環境が理想郷なのでは?と思う。普通こんな環境はない。

コストがかかっているものも、お手頃な価格で買える。

他のかたももし良かったら…。【身土不二】の話は住吉さんもされていましたよね?

井上

住吉

わたしは最初の入り口はマクロビオティックでした。桜沢先生という方が考案したもので、日本では全然流行らなかった。玄米採食中心、肉はあまりとらないというスタンスのもの、【身土不二】も言っている。わたしは赤ちゃんを産んだときにその考えに出会って、添加物をなるべくとらない、地産地消、お米をなるべく食べるというのをガチガチではないけどやってきた。

「どんなものを赤ちゃんに食べさせたら良いのか?」と悩んでやっていったら、結局「大人も赤ちゃんと同じものを食べれば良いんだ」と思って、添加物は取らなくなったし、調味料は良いものになっていった。数も減った。結局組み合わせなので、ドレッシングとか要らない。我が家の冷蔵庫には調味料は基本のさしすせそくらい。

天孫降臨の音声で【見立て】からエネルギーを受け取るのがあったけれど、実践されていることはありますか?

井上

住吉

マクロビの料理教室に行った時に言われたことが記憶に残っている。「炒めるときに静かに炒めなさい」と言われた。落ち着きのある子に育てたかったら自分が落ちついて料理をする。料理に気がうつるというようなことを言われた。当時は「そんなこと?」と思って実践できる程余裕がなかったけれど、最近になって再認識している。今ちょうど微生物の音声を聞いているところですが、今日はご飯をつくるときに儀式化してみたら、美味しすぎてビックリした。食べすぎてしまう。おにぎりは止まらなくなる。昨日ファスティングしていることもあって、今日は本当にご飯が美味しかった。日本人で良かったと思う。
タイミング良かったですね

井上

住吉

そこまで意識していなかったけど、意識するとエネルギーがたくさん取り込めるので、実践していきたいと思う。
ドラッカーの音声聞いてみた方いらっしゃいます?

井上

鈴木

人を決めるのが肝で一番難しいと感じた。そこが曖昧だと実践までいかない、逆にカチッとハマったら効力を発揮するのかなと思った。
わたしも実はここがつまづきポイントです。大切な人の問いが実は答えられなくて…。

井上

佐々木

わたしも聞きました。自分のブログを書く時に、「誰に伝えたいか?」を明確にすることが大事だと思った。今までブログを書いてきたけど、コンテンツを作っていなかったので、これを機に作ろうと思っている。その際にドラッカーの考え方が役に立つので、それを土台に考えようと思っているところでした。
この音声の中でわたしが納得したのが、ドラッカーは読まれているのに、多くの人が実践でつまづく理由というのが、最初の問い。実際に実践できている人っていうのは、ドラッカーのコンサルを継続的に受けていて使命がわかっているからその先が決まる、自分が得られる成果が何なのか?まで辿り着くと小田さんがお話されていてなるほどと思いました。

井上

佐々木

これまで何もしてなくて、いきなり「あなたの使命は何ですか?」と聞かれても「え?」となってしまう。
昔ドラッカーの本を読んだことがあったけど、結局自分が読みたい部分だけ読んであと押し入れに眠っている。

鈴木

佐々木

あと、立志の祈りも音声であって、わたしも好きで毎朝起きたらやっています。
立志の祈りは僕もやります。

鈴木

井上

はじめの意識のスタートラインを上げるということですよね?
天の気・人の気・地の気この3つがあるから立志の祈りが良いんだと納得できる

佐々木

井上

他の方で立志の祈りやっている人いますか?
朝起きて顔洗って、着替えて、そのあとに立志の祈りをやって、その後ツイートすることにしている。今更っていう空の写真をシェアするというハッシュタグがあってそれをずっと細々と続けている。朝電車に乗って同じ風景の写真をアップしていたんだけど、コロナで出勤しなくなってからTwitterが止まっていた。

住吉

井上

藤井さん話せますか??
今の話の続きだと、立志の祈りも毎朝やっている。通勤のときに祝詞を5つくらい20分程かけて車を運転しながら歌を歌うような感じでやっている。

藤井

井上

それって全て覚えていらっしゃるってことですよね?
音声を流しながらなので、天津祝詞は覚えているけど大祓詞は長くて…その続きで立志の祈りと、お祈り系の小田さんが言われているような立志の祈りをやっています。一度アウトプットにも出しました。あと、年末の伊勢の時の立志の祈りは伊勢のときからずっと続けている。小田さんVer.羽賀さんVer.両方を足したよう感じでやっている。

藤井

井上

お祈りって習慣化されてどうですか?

 

何かが変わったという訳ではないけど、何かが変われば良いかなと思う。でも徐々に色んなことは変わっていると思う。自分が気が付いていないだけで。

藤井

井上

ここまで続けられているのにも理由があるんでしょうね。
完全に習慣になっているので

藤井

佐々木

藤井さんがFBで何かのリレーかな?お祈りされている動画が好きで何回も見たんです。すごい空気感がキリっとしていていい空気感出されているなと思って何回もみました。
その後に腕立てするやつですよね?あの続きで腕立て伏せのリレーIYASAKAでやりますか(笑)??

藤井

佐々木

1回も出来ないんですけど(´;ω;`)いいですか?
いいですよ(笑)儀式化するっていうのを色んなところで意識するようにしていて、皆コメントして次の人に繋げますというリレーだったんですけど、まわってきた腕立て伏せがトライアスロンのチームの人からで、6回の腕立て伏せを6人にリレーするというものだったんです。無茶振りに乗ってみようと思ってやってみた。いつものような儀式化、神様の前でやっているような二礼二拍手して腕立てやったんですよ。

藤井

井上

儀式化意識されているんですね!例えば他にも意識していることはありますか?
わたしは鶏飼って卵集めたりパック詰めしたりしてるんですが、「今から〇〇を執り行わせていただきます、ご許可願います」「許す」「ありがとうございます」とかやっています。大きな声ではやらないけれど、姿勢はピリッとして、二礼二拍手一礼は極力やるようにしています。誰か見てたらいやなんですけど…

藤井

井上

お祈りしている時ってどんな気持ちでやっているんですか?
神聖な気持ちで、神様にお供えできるような気持ちでやっている。神棚も毎日塩と米と水をかえているが、そんな気持ちでやっている。結局そこに全部通じるのではないかと。

あと、お米の話です。うち、嫁さんと高校生の娘がいるんですが、お米を食べないんです。僕も去年の8月まで食べなかったのですが、去年【おいしいごはんの映画】がきっかけでごはん自分で炊いて食べるようになった。

藤井

井上

食べていないのは何故食べていなかったのですか?
炭水化物をカットするというよくあるやつです。お米を、ご飯を炭水化物の塊としか考えていないのでそういうことになる。お米のルーツや話を聞くと食べたくなります。去年9月にゆにわでご飯食べさせてもらって、今年も3月にゆにわで…今回はちこさんの塩むすびを食べさせてもらって、すっごい美味しくて(*^^*)メニューの中に入ってないんですけど、突然出てきて(*^^*)お味噌汁もメチャクチャ美味しくて。もうそれだけでいいと思える

藤井

井上

お米を食べてしばらく経ちましたが、カラダや心の変化ってありました?
僕実家農家で、子供の頃に田んぼの手伝いをやっていた。大人になってからやってなかったですけどね。親父がやっていたけど、親父も人にやってもらうようになって、自分のところのお米は毎年食べているんで…やっぱり天孫降臨の話を聞くと、自分の中で日本人としての目覚めというか、これは代々続いてきて、後世に伝えて行かないといけない話だし、お米もそういうもんだと強烈に感じました。

藤井

井上

意識に入ったという感じでしょうか?確かにわたしも天孫降臨の話みたいに、お米一粒にあんな壮大なストーリーが入っているとは思っていなくて、食べる度にあのストーリーが自分の中に入っているのがすごく不思議でありがたいと思うようになった
あと、小田さんは明らかに白米押しですよね、玄米より(笑)

藤井

井上

十六穀米ダメって言ってましたもんね(笑)
安田さんの投稿で、ぶっちゃけ昔の人って玄米食べてたんじゃない?というのがありましたが、昔はどうだったんでしょうね?

鈴木

井上

それこそ洗米された白いお米って限られた人しか食べていないって聞いたことがあります。昔の天皇とか言われる人たちは白米食べてたかもですよね。…松平さん話題振っても大丈夫ですか?音声聞いたりメルマガ読んだりしました?
印象に残ったのは【見立て】ですね。「どう思っているか?」でそのものの在り方が変わるのがすごく印象的でした。「お米が炭水化物の塊だ、悪いものだ」と思って食べると毒になる…本当にその通りだなと思った。どんなものをいただくにしても見るにしても、どういった気持ちでいただくかみるかによって受け取るエネルギーが変わるんだって。

松平

井上

食でここまでエネルギーを意識することって今までなかったですよね?
同じものを食べていてもカラダの調子が変わるというのはこういうことか!というのがよくわかった。言語化できなかったことが説明されていてすごいなと思うのと同時に、だから炭水化物ダメって言っている人が食べたら毒になるんだと思いました。

松平

鈴木

理にかなった説明ですよね、あのメールを読むと
鈴木さんどんなところが印象的でした?

井上

鈴木

僕も松平さんと同じところが印象に残っていて…。日本の食事ってほとんど炭水化物なので、意識的に摂らないようにしていたんですけど、あれを読んであぁ、お米に、炭水化物に悪いことしたなと思った。
なんかその気持ちがいいですね(笑)

井上

鈴木

なので最近メチャメチャ食べています。太ります(笑)
自分で炊いてるんですよね?

井上

鈴木

でも天孫降臨レベルのおむすびはまだ結べないです。けど、普段の食事で感謝をしてイメージして食べるっていうのを試したときはビックリするくらい美味しくて、それは実感しました。それほどの感動はまだ、塩むすびでは得られていないですが…。
松平さんは塩むすび食べました?

井上

松平

僕はご飯が昔から好きなので圧力鍋で炊いています。住吉さんが使っていらっしゃるのと同じです。
アサヒ軽金属のですか??かれこれ20年以上使っています

住吉

かつた

あれ、30年保証ですもんね
この間取っ手を取り換えようと思っていて、自分で取り着けたら失敗したんですよ。問い合わせをしたらそれは工場でしか直せないものだったんですって言われて、送っていて今入院中なんです。2つ持っていてごはん用のは新しいタイプで、この間取っ手がリニューアルしてピカピカです。

住吉

井上

ごはんは継続して食べられている感じですね?
我が家はお米の消費量が多いと思います。なんだかんだ言って、お米が一番手間がかからないんじゃないかな?と思う。パンは買ってきたら焼くだけですが、自分でつくろうと思ったら手間がかかるじゃないですか。お米は研いで火にかけるだけだからすごい簡単、圧力鍋だと30分くらいで炊ける、お腹にたまるし。子供も圧力鍋の使い方マスターしました。やってくれます。

住吉

井上

皆さん天孫降臨、見立て、のところは感想を持って実践されているようですね。立志の祈りとかも。そういえば…ゆきさんはいかがですか?
一番ハッとしたのは【見立て】です。和服を着るようになって、日本文化を知るにつれて、「なにこれ!ダジャレばっかり!」と思うことがいっぱいあって。神社を女性のカラダに例えていたり、しめ縄が雲と雨に似せていたり、稲妻は稲と雷が仲良しだからイナヅマなんだとか、そういう抽象度が高いことを昔の言っているのに感動していたのが分かってハッとしました。

ひとつ、お願いがあるのですが、Vol.47で子供の頃にした遊びの傾向っていうのがあったのですが、一度みんなでシェアしあいませんか?

システム1とかシステム2がまだぼやっとしていて…

かつた

井上

わたしもあそこ、すごいもやっとしています。
5月9日(土)21:00~やりましょう(*^^*)

かつた

井上

今日はこれで勉強会終わりにしたいと思います。
最後に1つだけ質問があるのですが、藤井さんいいですか?質問があって。さっき神棚を作っていらっしゃるというお話をされていて、僕も神棚に見立てて聖域をつくってるんです。飾っているのはお酒やお塩をお風呂のデトックスで使っているんですが、それっていいんでしょうか?

鈴木

藤井

僕は新月と満月のときにお酒と榊は取り換えています。月に2回でIYASAKAに入ってから月のリズムにあわせています。お水とお米と塩は毎日替えています
それって人が使っても良いんでしょうか?神様にお供えしたものなので、処理というか儀式みたいのがあるのかな?と思って?

鈴木

藤井

お供えしたご飯は玄米なんですが、自宅で精米して食べています。塩は祓え給え清め給えと言って玄関に撒いています。そんな感じにしています。
ありがとうございます、そうしたら自分の儀式とかに使うようにします。失礼なことではないんですね!

鈴木

かつた

わたし、お風呂にお酒も塩も入れていますよ、ご飯も食べているし。
神社でも【おさがり】とかあるから(お正月とかにお米のおさがりとか)逆にいただいた方が良いんじゃないでしょうか?神様の力がこもったものをいただいて、自分も元気をいただくみたいな

住吉

鈴木

ありがとうございます、勉強になりました。
では、本日の勉強会は以上になります、ありがとうございました!

井上

 

当日の音声はこちら(1:08)

http://iyasaka369.com/kannagara/cf/1em20

参考資料(PDFファイル:井上さん提供)

Vol.45 ドラッカーの使い方

・ドラッカー5つの質問
・「方向づけ」をする5つの質問
・「意識のスタートライン」に立つ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です