【競争性】CONPETITION

競争性(影響力)

キーワード
比較 勝負 一番

どんな資質?

比較する人。

比較できる相手が必要。

比較できる人やライバルのパフォーマンスを見ることが

モチベーションに繋がり、エネルギーが上がり、上達する。

競争相手に対しての敬意がある。

なぜなら相手がいることで自分の立ち位置が分かり、超えるべき点がわかり、

自分を奮い立たせ、勝つ事ができるから。

競争性の人にとっては金メダルのみがメダル。銀メダル、銅メダル、参加賞や残念賞などは不要。

 

競争性の喜びポイント(自分レベルの活用法)

楽しむためではなく、勝つために行う

成果を測ることができる環境

スコア化

 

競争性を発揮できる場面や役割(社会レベルの活用法)

競争で一番になるための努力や集中力に周囲が心動かされる

「自分も!」と、周囲の人をを奮い立たせることができる

 

 

競争性の暴走や注意すべきこと

誰かを負かしたり、やりこめるために競争していると思われる

ライバルに対して「あなたがライバルよ!」と挑戦を挑んでしまう。競争性が高い人からすると嬉しいが、低い人からすると、ドン引きしてしまう

 

比較される資質

競争性(影響力):相手のパフォーマンスをみることでエネルギーが上がる

自我(影響力):誰かに見られることでエネルギーが上がる

【自我】SIGNNIFICANCE

 

その他の影響力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です