【個別化】INDIVIDUALIZATION

個別化(人間関係構築力)

 

キーワード
個性 ユニーク 違い 適材適所

 

どんな資質?

人間重視。職位や学歴などに関わらず、その人の個性としての人間性を見ることができる。

ひとりひとりのユニークな点に惹かれ、

誰かを嫌いになることはほとんどない。

ひとりひとりの好みや食べ物の好き嫌い、生年月日などの情報を覚えるのも得意。

相手に合わせて話し方のトーンを変えたりすることができる

 

個別化の喜びポイント(自分レベルの活用法)

誰かの強みや得意な事を発見すること

多様である世界に身を置くこと

独自性を見出すこと

 

個別化を発揮できる場面や役割(社会レベルの活用法)

ひとりひとりに異なる対応が求められる場

必要としているものが個人個人で違うというのを認識させることができる

その人の個性(他の人とは違う点)を明らかにでき、個別の関わりを重んじることができる

 

個別化の暴走や注意すべきこと

個別対応がえこひいきに見えてしまう場合がある

個を大切にしすぎて全体のバランスが崩れてしまう

 

対角の資質として例に挙げられる資質

アレンジ(実行力):適所適材

個別化(人間関係構築力):適材適所

【アレンジ】ARRANGER

 

 

その他の人間関係構築力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です