【分析思考】ANALYTICAL

分析思考(戦略的思考力)

 

キーワード
正確さ 客観性 質問 データ 情報

 

どんな資質?

データから判断する人。人の感情が介入していない、データや数値そのままを客観的に見るて判断する人。

誰かの考えや意見に対しては「何故そう思ったのか?」という根拠を明らかにし、

その根拠にれっきとした裏付けがあることを欲する。

必要な判断を下すために客観性や公平性を重視し、外からものを見る人。

「何故そう思ったのか?」を知りたいためについつい質問攻めになってしまうが、

意見を否定しているのではなく、意見を肯定するための材料を知りたいだけ。

女性よりは男性に多い資質

現実性を評価する→実現可能か?現実的であるか?が大切なので、あまりにも現実離れした内容には白けてしまう。

 

分析思考の喜びポイント(自分レベルの活用法)

絡まった糸をほぐすような作業(迷走した議論などを核心へ導く)細かい作業が苦にならない

客観性が高く、真理により近づくほど満足できる

データの中に潜んでいる因果関係を明らかにしたとき

 

 

分析思考を発揮できる場面や役割(社会レベルの活用法)

他の人が当たり前と思っている習慣や考えに対して、客観的みて異を唱えることができる

データや数値、グラフなどから共通点や関連性を見つけ出し、核を見つけ出すことが出来る

判断したことが正しことを裏付けする理由を明確に述べられる。

たとえ、チームメンバーに入っていたとしても、客観的に事実をみることができる

 

分析思考の暴走や注意すべきこと

明確な理由を求めるために質問することが詰問を思われてしまう。

データの正確性を知りたくて質問をしている態度が、個人を批判していると捉えられてしまう

 

資質のすれちがいあるある

分析思考を持つ夫(問題解決を求められていると思い、アドバイスする)

×

共感性の妻(話をただ聞いて欲しいだけ)

【共感性】EMPATHY

 

重視するポイント

戦略性:可能性を評価する
分析思考:現実性を評価する

【戦略性】STRATEGIC

 

 

 

その他の戦略的思考力

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です