【責任感】RESPONSIBILITY

責任感(実行力)

 

キーワード
約束 やり遂げる 正しさ 勤勉 ボランティア精神

 

どんな資質?

一度やると言ったことを必ず成し遂げる人。ひとたび口にしたことは‟約束”として意識に上がるので、それを成し遂げるまで落ち着かない。

正しい事を曲げたり、間違ったことをするのが嫌い。

正直で誠実、倫理観が高い人が多いが、度が過ぎると堅苦しい人になってしまう。

約束は必ず守る。守れないときにはそれ以上の埋め合わせをしようとする。

正しくできないならやるべきではない

 

責任感の喜びポイント(自分レベルの活用法)

責任がある仕事を引き受けることで成長できる

責任を分かち合える人とチームで働く

責任の範囲が明確なところで働く

 

責任感を発揮できる場面や役割(社会レベルの活用法)

必ず物事を成し遂げるので、他人からの信頼を得られる

倫理観が強いので、周囲の人が流されそうな時に本質的なことを臆さず発言する

 

 

責任感の暴走や注意すべきこと

自分にできる範囲以上のものを受けすぎてしまい、自己犠牲になってしまう

他の人に自分の良心や倫理観を押し付けるところがある

出来なかったこと全てが自分の責任であると思ってしまう。

 

対角の資質として例に挙げられる資質

活発性:何もしないこと自体がリスク。何かした方がマシ

責任感:正しく出来ないならやるべきではない

【活発性】ACTIVATOR

自我:成功するチャンスを逃したときに罪悪感を持つ

責任感:正しいことを行えなかったときに罪悪感を持つ

【自我】SIGNNIFICANCE

 

その他の実行力

【規律性】DISCIPLINE【公平性】CONSISTENCY【信念】BILIEF

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です