共感性

共感性(人間関係構築力)

 

キーワード
感情 アンテナ 同化 微細

 

どんな資質?

人の感情を自分ごとのように感じられる人。自分以外の人がどんな感情の変化をしているかを読み取るのに長けている。

他人の感情に敏感で、理解も出来るが、全てに賛成しているという訳ではない。

アンテナが高いため、潜在的なニーズを感じ取ることができ、それを言葉として表現してあげられます。

共感力を使うことで、誰かに「理解してもらえた」と思ってもらえるため、その人に対して安心感や安らぎという感情を与えられます。

 

共感性の喜びポイント(自分レベルの活用法)

あたたかい雰囲気の場所、自分の感情を素直に表現できるところに身を置く

些細な事に気が付けるので、小さな喜びをたくさん感じることができる

誰かの喜びも自分の喜びと感じられる

 

 

共感性を発揮できる場面や役割(社会レベルの活用法)

微細な感情の変化を言葉で表現することができる

内面の成長に目を向けることができる

話しを聞くことで、深く共感し、相手に安心感を与えることができる

他人になりきることが出来るので、自分以外の人の世界観を理解することができる

 

共感性の暴走や注意すべきこと

自分と相手の境界線が不確かになり、抱えなくても良い悩みまで抱えてしまう

自分が相手の気持ちに敏感なため、相手も分かってくれていると思い込んでいるとすれ違いが生じる

ネガティブな感情に引きずられてしまう

 

 

包含適応性共感性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です